禁煙外来

禁煙外来

喫煙は、タバコに含有されている有害物質(発癌物質、ニコチン、一酸化炭素など)の作用で本人自身はもとより他人にも健康被害をもたらします。また、成分中のニコチンは常用によりニコチン依存症となってタバコが止められなくなります。このため2006年から禁煙するためにニコチン依存症の保険診療が可能になりました。

健康保険を利用する禁煙治療(薬剤を使用する場合)

保険診療にあっては

1.直ちに禁煙することを希望している
2.ニコチン依存症に関するスクリーニングテスト(TDS)で5点以上である(後述)

ニコチン依存症を判定するテスト TDS(Tobacco Dependence Screener)

1. 自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか。

2. 禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか。

3. 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか。

4. 禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかがありましたか。
  ・イライラ  ・眠気  ・神経質  ・胃のむかつき  ・落ち着かない
  ・脈が遅い  ・集中しにくい  ・手のふるえ  ・ゆううつ
  ・食欲または体重増加  ・頭痛

5. 上の症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか。

6. 重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか。

7. タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。

8. タバコのために自分に精神的問題(注)が起きていると分かっていても、吸うことがありましたか。

9. 自分はタバコに依存していると感じることがありましたか。

10. タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか。

(注)禁煙や本数を減らした時に出現する離脱症状(いわゆる禁断症状)ではなく、喫煙することによって神経質に なったり、不安や抑うつなどの症状が出現している状態。

3.喫煙指数*200以上
  *喫煙指数:喫煙本数/日 × 喫煙年数
4.文書による同意が必要

1〜4を充たしている方が対象となります。

治療スケジュールは使用する薬剤で異なりますが、おおよそ8〜12週間の期間で2週ごとの通院があります。受診時、呼気中の一酸化炭素濃度測定を必ず実施します。

禁煙薬のこと

1.ニコチンを含まないのみ薬(バレニクリン=チャンピックス)1日2回内服し、
  次第に増やしながら12週間継続します。
2.貼り薬(ニコチンパッチ=ニコチネルTTS)1日1回、腕・腹・背中に貼ります。
  30mgから開始して10mgまで減量し大体8週間続けます。

禁煙が失敗した場合は、自由診療で続けるか、1年後まで出来ません。

医療費のこと

初診料、再診料、管理料、薬剤費などを併せると42,000円〜60,000円で3割負担とすると12,000円〜18,000円程度となります

治療をつづけると見られる兆候

食事がおいしくなり、痰もからまなくなります。タバコ代もいらなくなり、衣服や部屋の汚れ方も違います。いやな臭いもしないし、副流煙で妻や子供に迷惑をかけることも無くなります。どうぞ喫煙者は禁煙を目指してください。